フロン排出抑制法により点検が義務化されました

フロン排出抑制法の施行に伴う「簡易点検・定期点検」は弊社にお任せください。
冷凍空調機器に万が一不具合が発生した場合の迅速な対応から予防保全、記録の管理まで有資格者が総合的な対応をいたします。

受付はこちら

製作・著作:一般社団法人 日本冷凍空調設備工業連合会

フロン排出抑制法

概要

フロン排出抑制法「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」が2015年4月より施行されました。
フロン類が充填された業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)の管理者(ユーザー様)が対象です。
管理者は、機器を適正な使用環境で維持し、定期的に点検を行う必要があります。
第一種特定製品とは、全ての業務用エアコン、冷蔵冷凍機器のことです。

対象となる機器の例

フロン類が充填された業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)

業務用空調機器

  • パッケージエアコン
  • ビルマルチエアコン
  • ターボ冷凍機
  • チラー、スクリュー冷凍機
  • ガスヒートポンプエアコン
  • スポットエアコン
  • 除湿機など

業務用冷凍冷蔵機器

  • コンデンシングユニット
  • 冷凍・冷蔵庫
  • 冷凍・冷蔵ショーケース
  • 冷凍・冷蔵装置
  • ヒートポンプ給湯器など
写真:業務用空調機器 写真:業務用空調機器

管理者(機器の所有者、ユーザー様)が取り組むこと

機器の設置に関する義務

機器の適切な場所への設置

機器の損傷等を防止するため、適切な場所への設置、設置する環境の維持・保全
※振動源を周囲に設置しない、点検・修理のために必要な作業空間を確保する、機器周辺の清掃を行う



機器の使用に関する義務

機器の点検の実施

全ての機器について簡易点検を実施。さらに一定規模以上の機器については、専門的な定期点検を実施
※義務の履行のため、所有・管理する機器のリスト化と点検体制・スケジュール等を検討ください。

漏えい防止措置/未修理の機器への冷媒充填の禁止

フロン類の漏えいが見つかった際、修理を実施
修理しないでフロン類を充填することは原則禁止
※フロン類を充填する場合、都道府県に登録された第一種フロン類充填回収業者へ委託する義務があります。

点検等の履歴の保存

機器の点検・整備の履歴について機器毎に記録簿に記録、廃棄までの記録簿の保存

フロン類算定漏えい量の算定・報告

第一種フロン類充填回収業者から充填・回収証明書の交付を受け漏えい量を算定
一定量以上漏えいした場合の毎年度の国への報告
※報告された漏えい量は会社名とともに公表されます。
※義務の履行のため、充填量・回収量の集計体制・スケジュール等を検討ください。



簡易点検と定期点検

フロン排出抑制法に基づく機器の点検は、以下の2つの方法があります。

全ての業務用エアコン・冷凍冷蔵機器を対象とした簡易点検(製品外観の目視確認など)


一定規模以上の業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器を対象とした定期点検(専門家による点検)

なお、法に基づく定期点検の対象及び点検頻度は下記の通りです。

機器の圧縮機に用いられる電動機の定格出力 定期点検の頻度
7.5kW以上の冷凍冷蔵機器 1年に1回以上
50kW以上のエアコン 1年に1回以上
7.5kW以上50kW未満のエアコン 3年に1回以上
写真:点検イメージ

定期点検対象機器の確認は、冷凍空調機器の室外機などの銘板に記載された、「圧縮機の定格出力」や「電動機出力・圧縮機」、「呼称出力」などで確認できます。不明な場合は、カタログを確認するかメーカーに問い合わせして下さい。

簡易点検・定期点検については弊社サービス窓口にご連絡をいただければ、弊社社員がお答えいたします。

受付はこちら